VOICE Akatsukiエンターテインメントで未来を振動させる、アカツキのWebマガジン

FEATURE

LIVE ENTERTAINMENT JOURNEY

LIVE ENTERTAINMENT JOURNEY Episode.ZERO「僕たちが世界一周の旅に出る理由」

2018.06.22

それは、2017年7月のあるとても暑い日。

アカツキのオフィスで1本の映像を観たのが、RAW(ロウ)の二人との出会いでした。

その映像は、二人が東南アジアを旅して感じた風景と出会った人々の笑顔を撮影・編集したもので、アジアの躍動感を生々しく伝えるものでした。映像自体はまだ粗削りではありましたが、これから始まる二人の冒険を直感的に予見させるようなところがあり、今でも映像を見た時の感覚はやけにはっきりと覚えています。

その後、私たちはRAWの二人と実際に会い、何本かの映像を一緒に作ったり、二人の夢について語りあいました。そして、アカツキはRAWの二人とともに、ひとつの”挑戦”をすることに決めました。

それは、この二人の若者クリエイターが世界一周しながら各国の祭りやフェスをYouTubeで配信する「LIVE ENTERTAINMENT JOURNEY(ライブエンターテインメントジャーニー)」というプロジェクトを、アカツキとRAWが一緒に創り上げるという挑戦です。

2018年4月7日。世界の冒険へと旅立ちます。

これは、そのはじまりのストーリーです。

世界のエンタメを「生々しく」伝える旅

「LIVE ENTERTAINMENT JOURNEY」は、世界各国の祭りやフェス等のライブエンターテインメントをRAWの二人が実際に体験し、その「生の熱狂」を映像を通して配信するプロジェクトです。今回、この旅を企画するにあたっては、「生々しく」というコンセプトをとても大事にしています。体験するエンタメの選び方、伝え方の両方において、「生々しくありたい」と考えています。

ここでのエンターテインメントとは、ある完成されたイベントや作品というくくりとは異なり、ライブエンターテインメントの原型ともいえる世界各地で伝承されてきた祭り、現代に入り自由な発想で生まれたフェスなどを選んで体験していきます。

また、体験は、祭りやフェスの本番だけでなく、準備風景や現地の人との交流、また、その国におけるエンターテインメントのあり方なども取材。それをYouTube、Instagramなどを中心に発信します。

※写真はイメージです


世界一周のルート(予定)

主な訪問国 体験する祭・フェス
4月 タイ 水かけ祭り「ソンクラーン」、音楽イベント「フルムーンパーティー」
5月 インド〜イギリス インド映画産業の「ボリウッド」、「チーズ転がし祭り」
6月 ウガンダ〜ケニア 狩猟採集民ピグミー族との交流、国立保護区「マサイマラ」
7月 スペイン〜ベルギー 「牛追い祭り」、世界最大級EDMフェス「トゥモローランド」
8月 ブラジル〜ペルー イグアスの滝、ウユニ塩湖など絶景と現地イベント
9月 アメリカ ハリウッド、アートな共同生活イベント「バーニングマン」

 

東南アジアでの事前視察旅行の映像


旅に出るのはこの二人

 RAW(ロウ)は、福岡大学在学中に出会ったKENSHIこと新福 剣士(しんぷく けんし:23歳)と、KAZUKIこと園田 司生(そのだ かずき:23歳)からなる映像クリエイターユニットです。

写真左:KENSHI、右:KAZUKI

 

KENSHIは、「世界一周に出よう!」と最初に企画した本人であり、持ち前の明るさと突破力で、世界中の現地の人々の懐に入るようにコミュニケーションし、その交流から旅をリードしていく役割です。

KAZUKIは、ドローンと一眼レフを使って撮影したダイナミックな映像を、霧がかかったような独特の空気感をまとわせ、緩急のリズムをつけながら編集していく映像クリエイターです。

KENSHIのエンターテインメントとKAZUKIのアート。一見、融合しない二人の個性が化学反応することで、まだどこにもない映像クリエイターユニット RAWが生まれました。

RAWのユニット結成秘話

僕たちKENSHIとKAZUKIが出会ったのは一年半前。

KENSHIは世界一周コンテスト優勝後、世界一周を形に残すために映像クリエイターを探し、もともと趣味で映像を撮っていたKAZUKIの存在を知る。

彼の映像を見た瞬間にワクワクが止まらなかったKENSHI。

しかも同じ大学、同じ年齢。
すぐさま彼の連絡先を調べ、電話する。

「俺と一緒に世界一周に行こう!!!!」

はじめて会って、話すことになった。

「世界一周を通して影響力のある存在になりたい。」

終電が過ぎるまで、空が明るくなるまで語り尽くした。

そして次の日、KAZUKIから電話が。

「俺、世界一周行くわ」と一言。

こうして二人はユニットに。

カメラに携わるチームとして、
RAWデータにちなんでチーム名は「RAW」。

RAWとは「生(ナマ)」ということ。

僕らは実際に見たのエンタメを「生々しく」伝える。
そして、僕たちが僕たちらしく、「生々しく」生きたい。

そんな思いを込めて、RAWという名前を自分たちにつけました。

RAWが”祭り”を選んだ理由

海外のお祭りには、日本ではありえない熱気とクレイジーがある。

牛に追われる危険な祭りもあれば、坂にチーズを転がして
追いかける祭りもあるし、トマトを投げまくる祭りもあります。

バカやん!って思われるかもしれないけど
正直言って最高にCrazyで、最高にExciting!

アホらしく見える祭りほど、人は最高の笑顔を見せる。

この熱狂は生で味わいたい。

また、エンタメには人々を魅了するコミュニケーションがある。

そこから見えるその国の人柄や地域色を活かして、
僕らにできる新たなエンターテイメントを生み出したい。

そして、この2つはとても人間的だと思っています。

人と人とをつなぎ、刺激を与えるお祭りとエンタメをKENSHIが体験し、
KAZUKIが映像におさめることで、
ライブエンターテイメントとして皆さんにお届けします。

映像を通して届けたい、2つのもの

僕たちが、映像を通して届けたいものは2つあります。

  1.  「こんな世界があるんだ!」という、日本では体験できない海外の刺激。
  2.  「こんな生き方もあるんだ!」という、さまざまな人生があるという刺激。

既存の価値観をぶち壊すような刺激を届けたい。

好きなこと、やりたいことに僕たち自信が熱中して、
世界中を旅してきます。

粗削りかもしれませんが、とにかくトライの連続。

自分たちも心躍らせながら、見た人の心をも躍らせることができるように頑張ってきます。

これからはじまる僕たち二人の「LIVE ENTERTAINMENT JOURNEY」

どうか僕たちの映像を観てくれるみなさんも、僕らと一緒に旅してほしい。

 

さあ、出発だ!!

 


RAWの二人は、2018年4月7日、世界に向けて出発します。

「LIVE ENTERTAINMENT JOURNEY」は、今後アカツキのWebサイト、Youtubeなどで配信していきます。ぜひ、みなさんもRAWの二人と一緒に、熱いエンターテインメントを体感してください。

公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC5QnFKQ-d7PzkgHB7BdYMug

公式FaceBook
https://www.facebook.com/RAW-1946929685549793/

公式Twitter
https://twitter.com/RAW_kk__vlog

 

この記事は2018年4月5日にアカツキテラスに掲載されたものです。